ブロッコリーに付着する農薬を洗い落とす

ブロッコリーの茎には虫がいっぱい

ネットで話題となっている「ブロッコリーに付着する虫」

この解決策は「水に20分間、漬け置き」するとあるが

確かに「害虫」は落とすことができるが

残留農薬」を落とすことはできません。

ブロッコリーの茎には農薬も一杯ついている

ブロッコリーを水洗いすると表面に「水たま」ができるのはご存知の通り、

ブロッコリーの表面には水を弾く特性があり

当然、農薬散布しても農薬も弾かれてしまいます。

生産者がブロッコリーのように水を弾く野菜にどうやって農薬を散布しているか?

塩もみは有効か?

野菜の農薬を除去するには「塩もみ」が良いとされていますが

例えばレモンやリンゴなどの皮の硬い物は、塩で揉むように表面を洗うと、

塩の粒子が表面についたワックスを削り取ってくれます。

ですが塩もみで洗い流せる野菜は限定的です。

?

思い浮かぶのはリンゴくらいかなぁ。

リンゴは大きいので塩もみして洗うには手が疲れてしまいます。

ブロッコリーには塩もみは向かないですね。

全部茎が折れてしまいます。

重曹は有効か?

重曹は口にしても人体に害がないので台所掃除の定番ですが、

野菜も洗うことができますが、「展着剤」などの油性の農薬には

効果がありません。

ブロッコリーに虫がついている場合には重曹水を作り水につけて洗うと

短時間でブロッコリーに付着している害虫は落とすことができますが

肝心の農薬は落とすことができません。

なぜなら展着剤を使用しているからです.

農薬も虫も落とし新鮮で安全なブロッコリーにするには

?野菜を洗う専用の洗剤です。洗剤と言っても表面の農薬と殺菌をする

安全なアルカリ水です。

このアルカリ水を表面に散布して2-3分放置します。

この状態で水で流します。洗うというより水ですすぐ感じです。

この時に流れ出た水の色にご注目ください。

少し黄色になってるのわかりますか?

これが展着剤で、展着剤の上にはどっぷりと農薬が入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です